文理解釈的な面での債務消滅時効は10年

020

民法上の規定にもあるように、通常の一般的な債権(債務)の消滅時効は10年とされています。このため、債務整理以外の方法で自らが有している相手方に対しての債務を、これにより消滅させたい方の場合には、この原則を頭に入れておく事が大切です。しかしながら、これは後でも詳しく触れますが、それぞれの債権毎による性格により消滅のタイミングやそこまでの期間の長さが異なる場合もあります。

この点をようく理解をしながら、時効の扱いについて考えていかなくてはならない場面も少なくはありません。今回の記事では消費者金融などの一般的な債務での扱いに関しての内容になりますので、原則である10年の期間を頭に入れながら考えていくようにしていきます。10年という規定自体はあくまで、法律上での文理解釈をした上での規定の表記になります。

つまり、基本的な債権の消滅までに掛かる期間そのものが10年間という事であり、その上での公的な司法手続きなどによる期間や発生日時などの変更も否定されないといった意味が、条文上の解釈から実は窺える実態があります。これは本当は債権消滅を10年間で済ませようと考えておられる方にとっては、非常に警戒をすべき法律上においての基本的な条文解釈面においての内容の1つにあたります。

何らかのきっかけで、裁判上の法的な手続きを貸主側である消費者金融業者の側が行って、それにより債権自体の何らかの形での債務者本人である借主側による力で一部の支払いなどがある事情で行われたりした場合には、その時点から新たな発生期間に関しての起算点が発生をする事になります。

そしてその時点から再び10年間といった消滅のための条件となる期間がスタートしますので、要注意です。このような事態も起きたりしますので、幾ら裁判所命令などといった事情があっても、その際には頑なに自らの権利の行使を拒否していく強い姿勢や意思が大切です。

これなどはまさに、裁判所を利用した貸主側による法的な期間(時効)消滅をさせないテクニックといえる1ケースにあたります。この10年間の最中には、債務者本人である借主側としては、その債務に対しての一切の権利行使などを、裁判所からの命令や要請などがあっても如何なる理由があろうと拒否をする事が、大変重要です。

こちらもおすすめ:お金を借りる大技林

特に個人事業主や零細事業者などのような小口起業家の場合には、ほんの一部の権利行使をしただけで起算点の新たな発生が一生負担になり得る可能性もありますので、中々気が抜けません。

基本的に個々の債権の性格により実質的に異なる実態

063

自らがやっている事業種類による違い、債権自体の性格、産業分野、その他多くの債権債務毎による性格の違いでも期間消滅までの到来期間の設定が異なります。実は、先程の一般的な消費者金融関連の債権の場合には10年間の一般的な期間が採用をされたりはしますが、これの一部でも業務用のものとして用いられたりしていれば、産業分野別である2年間あるいは1年間での期間を主張して消滅させる事も可能な場合も考えられます。

しかし、それでもやはり、元々は一般的な物やサービスなどを利用していくための目的などと貸主側に言って借りたお金ですので、それを自らの事業のために用いたからその方面での期間が適用されるなどと主張をすると、信義則違反で裁判所から主張内容の無効を言い渡されてしまう恐れも無いではありません。

このように、実際の事業や業務目的での時効の主張を行う事はやはり、自分だけの力では到底無理ですので、どうしてもそれを行いたいと言った方の場合には、司法書士や弁護士の先生を頼る事がベストなのは確実です。事業分野での期間消滅の主張を行う事自体も、やはり法的な面での駆け引きになりますので、この点をしっかりと理解をしながら、裁判所管轄下での期間消滅の主張を行う調停や仲裁をしていくか、あるいはそれ以外の方法での解決を選択していくのか否か、それぞれを検討していく形になります。

最低でも10年を目安にして時効の計算をしておく事

106

どのみち普通の債務者である借主本人の方の場合には、やはり基本条件である10年間の期間消滅を待つ以外には無いような形が一般的と言えます。それでもやはり、それまでの間の債権者にあたる貸主側からの支払い催促などはかなり厳しく行われ続けていく可能性がありますので、この点に注意をしていかなくてはなりません。

一度でも支払いをしたりしてしまうと、新たな支払い期間のための起算点の日時が発生しますので、それを防いでいくためにも一切、何があっても支払いを拒否していく事が非常に重要です。その分、大変それまでの間には苦しい思いをしますので、やはりその分の貸主側からのプレッシャーに耐え得るだけのメンタル面での強さが必要になります。

しかしそれでも10年間を過ぎれば、貸主側である各消費者金融業者や銀行、組合なども督促状を送付してきたり催促の電話などもして来ないようになりますので、それまでの辛抱です。